トップページ

私たちの普段の生活は、様々な種類の医薬品の助けを借りて成り立っています。
たとえば楽しい海外旅行なども、体調を崩したり、怪我をしてしまったら薬が必要になります。
処方箋なしで薬の購入が困難な海外のために、日本から薬を持参したり、日本で処方箋を多めに書いてもらうと便利です。
このサイトでは、海外旅行などに行った際に役立つお薬の情報と、薬の種類ごとの口コミ情報を掲載し、生活に役立つ情報を提供しています。

海外旅行で効果的に薬を服用するには

海外旅行は楽しいものであります。
今まで見たことがないようなもの、今まで食べたことがないようなグルメなど、未知のものに出会うイベントです。

しかし、楽しさに夢中になってつい体調を崩してしまうということも、よくあること。
体調を崩してしまうだけでなく、つい怪我をしてしまう可能性も。

そんなとき、海外における医療事情というのは、日本とは異なります。
日本であれば、すぐにでも医者にかかりたいものですが、海外ではなかなか医者にかかることもままなりません。
それならば薬を現地で買えばいいではないかとも思いますが、海外ではなかなか処方箋無しで薬を買うことが出来ません。

そこで、日本から自分の常備薬を持って行くことが重要となります。
今回は、海外旅行でお薬を効果的に服用するためのポイントを説明します。

まずは、日本で医者から薬を処方されている場合です。
処方薬というのは、一部の例外を除き、あまりたくさん処方されるものではありません。
しかしそれですと、海外旅行中に処方薬が切れてしまう可能性があります。
そういったときには、医者に事情を説明して、少し多めに処方してくれるようにお願いをするのです。

もし、調剤薬局がお休みだったときには、日本で英語の処方箋を書いてもらいましょう。
そうすれば、現地で薬を処方してもらうことも決して不可能ではありません。

お得な情報の紹介

  • 部分痩せに有効!最新のダイエット方法であるキャビテーションをご存知でしょうか。痩せたい部分に特殊な超音波を当てて脂肪空洞減少を発生させ、脂肪細胞を破壊します。人気のクリニックなどを紹介したキャビテーション情報です。

処方薬だけではなくOTC薬も持っていくのがオススメ

海外旅行では、処方薬だけではなくOTC薬も持っていくことをお勧めします。
海外旅行になりますと、つい野菜不足となってしまいます。
野菜不足となると、便通が悪くなって、おなかが苦しくなるということもよくあるもの。

そんな時、効き目の強い下剤などを持っていくのはあまりお勧めできません。
基本的には野菜などを食べるようにしながらも、乳酸菌由来の整腸剤を服用するといいでしょう。
効き目も穏やかですので、強烈な便意に襲われることもありません。

総合感冒薬などは、風邪を引いてからではなく、風邪の引き始め、つまり異常があるかなと疑ったら飲むようにすると、症状が長引きません。

おすすめ関連情報サイト

  • OTC薬とは?法律的には「一般用医薬品」と表現されており、「大衆薬」あるいは「市販薬」と呼ばれてきましたが、2007年より「OTC医薬品」に呼称を変更・統一しました
サブコンテンツ

このページの先頭へ